メカマニア┃産廃破砕や流量計はコストバランスの調整に最適

コストを算出する

コストは仕事量で決まる

トラック

販売されている商品の価格は材料費だけで構成されているわけではありません。商品が完成するまでに様々な手間が必要であり、工程をクリアするためには人間や機械の力が必要です。よって工程に含まれるあらゆる作業に値段が設定されており、合計額を算出して顧客に提示しています。 だから手間の必要な商品は高価格で取引されているのです。その法則は商品だけでなく人の手によるサービスも該当します。ただし仕事量に応じる形でサービス価格を決定しようとすると、現場でコストを算出する事が難しくなるのです。だから作業量が変動するタイプのサービスは、実作業を行う存在が余裕を持った価格で提案します。多少の作業の延長が発生しても余裕を作れば赤字にはなりません。

流量計の特徴

しかしサービスを供給する側がコストに余裕を作ろうとすると、顧客にしわ寄せが生じるのです。だから顧客は正確な仕事量の算出を求めるようになりました。仕事量を正確に測る事が出来れば、価格を安く出来るからです。 その考え方を支えるために開発されたのが流量計です。流量計は対象の物体の量を調べる事で、正確な仕事量を計測する事が出来ます。流量計が使用されている最もメジャーな現場は水道局やガス局です。公共料金を支払う事で利用出来るエネルギーは多くの人が利用しています。そのサービスが適正価格である事を証明するために、流量計が建物にセットされているのです。液体や固体に留まらず気体まで計測出来るのは、流量計の技術が向上しているからだと言えます。